体にいい!食べるアブラ 

食べるアブラってなに?

体にいいって知ってましたか?

昨日(2018/11/21)のNHK

ためして ガッテンにて、

「スプーン1杯でカラダが激変!?食べるアブラの新常識」

と題して

病気の予防について 放映されていました。

 

ヘルス コーチを自認する、医師、医学博士

として 番組を しっかり見せて頂きました。

スタジオのタレント諸氏は

常識を覆す 新しいダイエットという提案に

とても驚いた様子で 番組的にも

成功していたと 思われます。

ただ こうした ある方法の体験談のみで

すぐに これはいい!と条件反射に

ならず 本当かな?

という批判的吟味 critical thinking

で物事を考える事は とても大切です。

医学研究の世界では、このように

ある治療や、薬、今回の場合では

食べるアブラ が 本当に効くのか?

を検証する際に 多くの被験者に対して

アブラを摂取した方 そうでない方に

全く無作為に分けて ある一定の期間

経過を見るようにします。

その期間中に どちらのグループに

より健康被害が出やすかったか?

それは 統計学的分析の結果からも

確かなのか? 徹底的に 検討されます。

そこで どうやら確からしい

と判断されて エビデンス

(検証され 確立された 証拠)

として 世間に発表される訳です。

では 食べるアブラって どうなの?ですよね。

実は 最新の臨床研究で

オリーブオイルの 冠動脈疾患

つまりは 心筋梗塞などの

一次予防効果の可能性がある

との、興味深い論文を見つけました。

 

世界的権威ある 医学誌

The New England Journal of Medicine (NEJM

にアブラの効果について、研究発表されました。

Primary Prevention of Cardiovascular Disease with a Mediterranean Diet Supplemented with Extra-Virgin Olive Oil or Nuts

N Engl J Med 2018; 378:e34
DOI: 10.1056/NEJMoa1800389

 

(訳)エクストラ・バージンオイルとナッツ食による地中海式食事法は、

冠動脈疾患の一次予防効果がある。

(用語解説)

一次予防・・・生活週間、食生活などを

改善する事である疾患発生を回避し、

健康を増進させる効果を得る事。

予防医学という観点からみて有意義、

という意味。

ヘルス・コーチの活動は、まさに一次予防を

促進させます!

二次予防・・・健康診断によって、早期発見し

治療につなげる取り組み。

症状がなくとも、病気が存在している。

それをはやく見つける。

どちらかというと医療者側からの

働きかけによって健康を維持する事。

現在は、未だこちらが主流と言えます。

 

今、私達にできる事。

 

これまで、他の多くの研究においても

地中海式食事法によって、血管の動脈硬化

が抑えられる可能性が指摘されています。

だたし、今回お示しした研究においても、

「そもそも、肥満やその他、

危険因子がある人達への

予防的効果についてはどうなのか?」

といった疑問点は、完全には解明されていない事を付記しておきます。

とはいうものの、日本でも 比較的 手に入り易い食材で

将来的な 心臓 血管系の疾病の一次予防につながる可能性がある。

これは とても勇気づけられる事実

であると感じています。

世の中には

生まれつきの体質や 遺伝的な要素で

本人の努力とは無関係に 発症してしまう

病気も 数多くあります。

そういった場合 時として人は無力感に苛まれ、

医療に対して依存的となり 時に憤りを

感じる事になるかと思います。

また一方で、普段、自分では健康だと思っている

人たちが、突然の心筋梗塞で亡くなる、といった悲劇も繰り返されています。

特に働きざかりの世代の方は、自身の健康管理に、

もっと関心を向けて欲しいと思っています。

体によいアブラ、を取り入れる。

そういう手軽な方法が、そうした疾患の

一次予防になるのであれば、

是非とも取り組む価値があるのではないでしょうか?

以上、

食べるアブラ、でワクワク健康生活を!

お付き合いいただき、ありがとうございました。

 

石川 英昭

mail@ishikawakuwaku.online

運営者へのご連絡はこちら
mail@ishikawakuwaku.online